HIDランプでは悪天候向けがあります。雪国であったり雨や台風が多い地域ではこのタイプがいいでしょう。

HIDランプについて
HIDランプについて

HIDランプにおいて悪天候向けにいいもの

HIDランプについて
北海道といえば1年の半分近くが雪との生活になります。早ければ10月ぐらいから降り始め4月ぐらいまで残ります。雪と一緒に生活する地域ですから、あまり雪を嫌がってはいけません。とはいいながら、雪がない地域に住んでいる人に比べるとかなり環境が異なることがわかります。雪道を歩くにしてもこちらの地域の人は慣れているのです。

自動車につける装備についても雪国仕様と呼ばれるものがあります。雪が入りやすいので錆に強くなっていたり、雪道でも滑りにくいタイプが利用されています。HIDランプにおいても悪天候向けが用意されています。北海道や東北などではただ雪が降るのではなくて吹雪いたりすることがあります。かなり視界が悪くなることがあるのです。

そのようなときでもきちんと前方を照らしてくれるものを選ぶのが良いでしょう。雪国以外においては雨の多い地域などです。ゲリラ豪雨が降るときもかなり前方の視界が悪くなります。そのときに視界を良くしてくれるものです。

Copyright 2018 HIDランプについて All Rights Reserved.