HIDランプに関連したドラマ性や、存在意義、馴染みやすさがどういうことかを、独自視点も交えてお伝えします。

HIDランプについて
HIDランプについて

HIDランプにまつわるドラマ性などがどんなものかを示します

HIDランプについて
ドラマ性という点に注目してHIDランプをみた場合、蛍光灯の原理を応用したランプである事から、明るくシャープな光を投影して、照らした対象物が鮮明にドラマチックに浮き出るように見えることを挙げられます。いつもの夜道が、まるで映画に出てくる光景のように鮮明に映し出されるのです。運転者は主人公気分をあじわえます。

存在意義という観点からHIDランプをみると、なんといっても不意の電球切れをほとんど心配しなくても良いものであるという存在意義があります。日本では車検を2年ごとに行なうという慣例になっていますから、そのときにランプを交換しておけば、まず間違いなく次の車検までランプが光を出さなくなる心配はないのです。

馴染みやすさに焦点をあててHIDランプをみると、発光した状態が太陽光に近いもので、自然な明るさでありながらかなり遠くまで明るさが届くという根源的な馴染みやすさがあると分かります。一般的なハロゲン球だと、フィラメントが発光するときに強烈な熱が発生して不自然な感じですが、このタイプならば過剰な熱を出さない光なので、人間の目には馴染みやすいのです。

オススメワード

Copyright 2018 HIDランプについて All Rights Reserved.