HIDランプはハロゲンタイプに比べると電気を使わないと言われます。バッテリーあがりを防ぐことができます。

HIDランプについて
HIDランプについて

HIDランプはハロゲンよりも電気を使わない

HIDランプについて
自宅においては、照明にはいろいろな電球などを使っているでしょう。その中で昔から使われているといえば白熱球です。いいところはすぐにつくところです。その他には蛍光灯があります。最近はLED電球も登場しています。電気の消費量からすると白熱球は多いと言われますが、物自体は非常に安いです。LED電球はものは高いですが電気の消費量は少ないと言われます。

自動車においても大事になるのが照明関係です。夜はもちろんですが、昼間であったり、少し薄暗い時には確実に照らしてくれるものが必要になります。ハロゲンタイプのものが使われることが多いのですが、こちらは白熱球と同じような原理になります。フィラメントを持っていて、そちらで光を出します。電気もそれなりに使います。

HIDランプは原理としては蛍光灯に似ているでしょうか。フィラメントを用いるものではありません。放電によって光を得るタイプになります。そのためにあまり電気を使わないと言われます。夏場にバッテリーが必要なときに助かります。

Copyright 2018 HIDランプについて All Rights Reserved.