昨今では、HIDランプが主流ですが、HIDの仕組みと効果を考えて、本当に必要かどうかを検討してみました。

HIDランプについて
HIDランプについて

HIDランプは必要か調査してみましょう

HIDランプについて
昨今の車のライトはHIDランプが主流になりつつあります。道路ですれ違う車のヘッドライトが眩しく思う事も多くありませんか。最近の車はホトンドHIDランプが主流なんですが、そんなに明るくなくてもいいんじゃない?と思う事もしばしばあります。そこでHIDランプの仕組みとその効果、メリット、デメリットを考え購入するかの検討材料にしてみましょう。

HIDランプとは、HighIntensityDischargeの略。ディスチャージランプとも言われています。通常のランプは、ハロゲンガス等が入った密閉容器内で、フィラメントと呼ばれる金属の芯が発熱、発光することで光ります。一般に使用されている電球はほとんどこのタイプです。それに対してHIDはフィラメントを持ちません。インバーター・イグナイターと呼ばれる部分で車の電力を高電圧に換え、カプセル内の電子と金属原子を衝突させて発光させるのです。なんかよく解らないですね。では次に、メリットです。

最大のメリットは光量です。光そのものが非常に太陽光に近い配光パターンを持っています。だからハロゲンランプより遠くまで、より明るく、より自然な明るさとなるのです。また、フィラメントを使用していないから寿命が圧倒的に長くなります。しかも発熱も少なく、省電力なのです。価格は高いがハロゲンランプを遙かに上回る性能を持っています。次にデメリットです。以外にも寒い地方での積雪によりライトの効果が発揮できません。というのもHIDは、ハロゲンに比べて発熱量が低く、ヘッドライトに積った雪を溶かす事ができません。これだけではデメリットとは言い切れないかもしれませんね。一番の悩みはその価格とディーラーの商法ではないでしょうか。一部のディーラーでは、HID装着者とそうでない車では20万程の違いがあります。HIDランプの人気にあやかって売上額を伸ばそうと見え見えですね。ライトだけでなく他にも安全対策の装備を充実させる手法はあると思います。この20万円本当に必要かどうか、考える余地はありそうですね。

オススメワード

Copyright 2018 HIDランプについて All Rights Reserved.