HIDランプはあまり色温度を高くすると色が薄くなってしまいます。車検に通らなかったり、注意を受けます。

HIDランプについて
HIDランプについて

HIDランプにおける色温度の注意

HIDランプについて
音においては人が聞き分けられる音とそれよりも高い音、低い音などがあると言われています。犬はより高い音を聞き分けられるといいます。光においても人が見えるものと見えないものがあります。赤外線であれば見ることができますが、紫外線はわかりません。これを見ることができれば対策などももっとしやすくなるのでしょう。

光については、色温度が高いか低いかによって変わることがあります。低い場合は黄色っぽい色になりますが、高くなると青白くなり、どんどん白っぽくなってしまいます。あまり高すぎると見えなくなるぐらいになってしまいます。他の動物はわかるかもしれませんが、人が使うものに関しては人の見え方に合わせて設定しなければいけません。

HIDランプは、色温度をうまく設定しないといけません。あまり高くすると薄くなってしまいます。車検のときにこの状態だと通らない場合があるからです。調節をしてある程度の範囲内にしておかないと注意を受けてしまいます。

Copyright 2018 HIDランプについて All Rights Reserved.