HIDランプにおいては、単位はケルビン数を見ます。4000を超えるようになると良さがわかるようになります。

HIDランプについて
HIDランプについて

HIDランプでの単位ではケルビン数を見る

HIDランプについて
電球であったり蛍光灯を購入するとき、何ワットかを見ることがあります。電球なら100ワットは非常に明るいです。20ワットになるとかなり暗くなります。明るくしたいところでは100ワットを選び、ちょっとした照明に使いたい場合は20ワットなどを選びます。ワットに関しては他の電気製品でも出てくる単位なので馴染みがあります。

HIDランプを購入しようとするとき見ておく単位はやはりワットになるのでしょうか。光の加減、明るさの加減を知りたいのでワットで表されそうですが実は別の単位を使います。それはケルビンと呼ばれる単位になります。商品などにはなになにKと表記されています。数字で表記されているので、必要なケルビン数を知っておきましょう。

2000K位だとハロゲンと同じくらいでしょう。4000から4500ぐらいになると白っぽくなってこのランプの特徴を活かすことができそうです。それより数字が大きくなると青白っぽくなってきます。

Copyright 2018 HIDランプについて All Rights Reserved.